出会い系の選び方

このページを読めば、「ちゃんとセフレを作れる出会い系サイト」の見分け方が分かるようになる。
 

ぜひ最後まで読んでみてほしい。

 

ちゃんと国から認可を受けている

ちゃんと国から認可を受けている

まず、はじめに知っておいてほしいことがある。
 

それは、日本国では「出会い系サイト」を運営するには、必ず「国の許可」が必要ということだ。

 

近年、日本では「未成年者が出会い系で犯罪に巻き込まれるケース」が多くなったため、現在では「出会い系サイト規制法」というものができた。
 

これにより、出会い系サイト事業を行う場合には届出が必要となったのだ。
 

参考ページ⇒警視庁の公式サイト「出会い系サイト規制法について」のページ

 

つまり、「国に許可されていない」という出会い系サイトは、ほとんどが架空請求かサクラしかいないってことだ。
 

サクラによって課金を誘導したり、あとから架空請求を送ってくるような出会い系は、当然、国から許可を得られるはずがない。

 

よって、「ちゃんと国に届け出を出していて、認可を受けている出会い系サイト」を選ばなければいけない。
 

見分けるポイントとしては、下記の3点が記載されているかどうかチェックしてくれ。

 

【1】「インターネット異性紹介事業」の届出

【2】その地域の「公安委員会」の認定

【3】「電気通信事業者」の届出

 

ハッピーメールの国からの認可記載

 

基本的に、ちゃんとした出会い系サイトであれば、上記の3点が必ず下のほうに記載されている。
 

これが無いような出会い系サイトは、100%出会えない怪しい出会い系だ。
 

なので、セフレが欲しいなら絶対に利用しないようにしてくれ。

 

電話番号による本人確認があるか?

電話番号による本人確認があるか?

上記のような「国から認可を受けている出会い系」には、必ずと言っていいほど「電話番号による本人確認」が義務付けられている。
 

これは、出会い系サイト規制法により「会員登録時に、電話番号登録による本人確認」が義務付けられているからだ。
 

参考ページ⇒警視庁の公式サイト「出会い系サイト規制法について」のページ

 

電話番号を登録してもらい「本当に本人が実在しているかどうか?」を確認しているわけだ。

 

ちなみに、この電話番号によって個人が特定されるようなことはないし、実名がバレるようなこともない。
 

もし仮にそんなことになるのであれば、とっくにニュースで大騒ぎになっているだろう。

 

「電話番号登録がある」となると、どうしても気が引けるが、これはちゃんと国の法律を守っている証拠なのだ。
 

また、電話番号登録があることにより、サクラがいないことも意味している。

 

仮にサクラ業者が「サクラのアカウントを作るたびに電話番号が必要」となると、さすがに物理的に難しいだろう。
 

つまり、サクラがほぼいないということになる。

 

電話番号登録の本人確認により、サクラを排除してくれているのである。
 

ちなみに、電話番号を登録したとしても「個人情報が流出する」といったことが起こることは、まず無い。

 

仮に悪用しようものなら、認可を受けているから国からすぐにバレるだろう。
 

また、仮に大手出会い系サイトがそんなことをしても、一切メリットはないし、1円の得にもならない。

 

このように、電話番号登録と聞くとビックリするかもしれない。
 

だが、本当にちゃんとした出会い系サイトでは「電話番号登録による本人確認」はマストである。
 

また、電話番号登録による本人確認によりサクラを排除しているため、ちゃんと出会える可能性は非常に高くなるのだ。

 

大手ハッピーメールがガチで出会える理由

大手ハッピーメールがガチで出会える理由

ちゃんとした出会い系の見分け方としては、上記の2点がメインのポイントだ。
 

ただ、ちょっと名の知れている大手の出会い系なら、ほぼほぼ上記2点はクリアしている。

 

なので、よくわからない出会い系サイトを使うよりも、大手の有名なところを使うのがベストだろう。

 

ちなみに、ハッピーメールはガチで出会えるし、セフレを作りやすいのでオススメだ。
 

理由としては、

【1】管理人が実際に使っていて、一番セックスできた

【2】上記の2点をちゃんとクリアしている

【3】最近ニュースになった新潟県知事が、実際にハピメで大人の契約をしていた

 

…といった感じだ。

 

まず、ハッピーメールは上記の見分けるポイントを両方ともパーフェクトにクリアしている。
 

また、管理人が実際にセックスできたし、セフレも数多く作れたという事実がある。

 

そして何よりも「新潟県知事の不祥事」の件だ。
 

あなたは最近、「新潟県知事が22歳女子大生と、大人の契約をしていた」というニュースがあったのを知っているだろうか?

 

この新潟知事が22歳のJDと知り合った場所は、何を隠そうハッピーメールである。

参考記事⇒22歳女子大生が告白「新潟県知事・米山氏とはハッピーメールで知り合った」

 

これは管理人がウソをついているわけでもないし、管理人とアナタ以外の「第三者による証明」といえるだろう。

 

このように、本当にハッピーメールは出会うことができ、セフレを作ることも可能だ。
 

セフレを作りたい、セックスしたいというのであれば、ぜひとも使ってみてほしい。

 

 

出会い系を使う前に
合わせて読みたい記事
↓ ↓ ↓ ↓

 

 

知っておきたい!「サクラしかいない出会い系」の特長

ここからは、「サクラしかいない」「架空請求してくる」といった怪しい出会い系サイトの特長をご紹介しておこう。
 

知っておいたほうが、セフレを作る上でタメになると思うので、ぜひ読んでみてほしい。

 

簡単に登録ができる

まず、「メアド登録だけで簡単に利用できる」というような出会い系サイトは、100%出会えない出会い系だ。
 

このページの上部を読んでもらえれば分かると思うが、ちゃんとした優良出会い系サイトでは「本人確認による電話番号登録」が必ず行われる。

 

「簡単に登録できるから利用しやすい」だろうが、これは甘い罠だ。
 

簡単に登録させ、サクラによって課金を誘導したり、登録後に即効で架空請求のメールが届くはずだ。

 

そもそも、出会い系サイト規制法に違反しているので、絶対に使わないようにしよう。
 

⇒管理人が一番ヤレ他出会い系はココ

 

エロ画像満載のサイトである

前のページ」でも軽く触れたが、エロ画像満載の出会い系サイトは、ほぼ100%出会えない出会い系だ。
 

そもそも、こんな「男性向けのエロ画像だらけの出会い系」に女が登録するだろうか?

 

まずしないだろう。
 

つまり、サクラしかいないということだ。

 

結局、待ち合わせをしてもバックレられたり、やたら課金させられるのがオチだ。
 

セフレを作ることは絶対にできないので、こちらも使わないようにしよう。
 

⇒管理人が一番ヤレ他出会い系はココ

 

いきなり会おうとしてくる女ばかり

出会い系サイトに登録し、女子とメッセージのやり取りを始めたとする。
 

その際に、女側からいきなり「会おう」と言ってくる場合は、要注意だ。

 

もしかしたら、本当に痴女で「今すぐセックスしたい、セフレが欲しい」という女なのかもしれないが、大抵の場合、サクラだ。
 

そして、こんな女ばかりの出会い系は、基本的には「出会えない出会い系サイト」だ

 

管理人の経験上、自分からガツガツ会いたいと言ってくる女は、大体会う直前に連絡が途切れたり、バックレたりする。
 

いきなり女が連れてテンションは上がるかもしれないが、もうその出会い系は使わないほうが良いだろう。
 

⇒管理人が一番ヤレ他出会い系はココ

 

いきなり金額の話をしてくる女ばかり

「金額の話をしてくる」というのは、要するに「援助してほしい」という旨をイキナリ言ってくるということだ。
 

「大人の関係を求めており、できれば謝礼をいただきたいです。」…みたいな内容のメッセージが来たら、大体はサクラか風俗業者だ。

 

こんなメッセージを送ってくる女ばかりの出会い系であれば、完全に「出会えない出会い系」だ。
 

セフレを作るのはまずムリだろう。

 

ちなみに風俗業者の場合、写真と全く違うブスが送り込まれてきて、かつ金を払わなければいけないので注意しよう。
 

余計なトラブルに巻き込まれる場合もあるので、基本的には、こういう出会い系サイトを利用するのは、今すぐやめるべきだ。
 

⇒管理人が一番ヤレ他出会い系はココ