セフレ作る方法

このサイトでは「誰でもセフレを作ることができる方法」をご紹介する。
 

もしアナタが、

「都合よくセックスできる女がほしい」
「簡単にやらせてくれる女が欲しい」
「とにかくエロいセフレが欲しい」

…と思っているのであれば、ぜひ最後まで読むことをオススメする。

 

このページの目次

このサイトの内容を実行すれば、こうなる!

このサイトの内容を実行すればセフレができる

自己紹介が遅れたが、私はこのサイトの管理人ダイゴだ。
 

私のプロフィールに関してはコチラを読んでみてくれ管理人のプロフィール

 

このサイトでは、今まで私が実践し、成功させたノウハウを「5つ」に分けて詳しくご紹介している。
 

ここに書いてある方法を読み、実行すれば、

【1】モテなくても簡単にセフレが作れる

【2】お金をかけなくてもセフレができる

【3】いつでもセフレを作ることができるようになる

…といったことが可能になるだろう。

 

そうなれば、アナタは周囲に自慢でき、学校や職場で優位に立てるだろうし、

余計なお金・時間(デートなど)をしなくてもいつでもセックスできるし、

いつでも好きな時にセフレを呼んで、セックスすることも可能だ。

 

エロいセフレを見つければ「ハメ撮り」「野外セックス」「ハプニングバーに行く」…といったことも夢ではない。

 

セフレが欲しいなら最後まで読むこと

だからこそ、ぜひとも最後まで読んでいただきたい。
 

ちなみに、セフレを作る方法は5つほどあるが、一番カンタンでオススメなのは「このあとすぐに紹介する方法」だ。

 

とにかく簡単にセフレを作りたいのであれば、まずはそこだけでも読み、とりあえず実践してみてくれ。

 

一番セフレを作りやすいのは「出会い系」

一番セフレを作りやすいのは「出会い系」

私が今まで実践してきたセフレを作る方法の中で、

「いちばん簡単」であり「手間のかからない」と感じたのは、

この「出会い系サイト」を使った方法だ。

 

「出会い系」といった言葉を聞くと「ウソくさい」「怪しい」と思うかもしれない。
 

だが、とりあえずそれは置いといて、最後まで内容を読んでみてほしい。

 

まず、「なぜ出会い系が簡単にセフレが作れて、手間がかからないのか?」についてだ。

それについては下記の理由が挙げられる。
 

【1】モテない人でもノウハウを使えば出会える(簡単に出会える)

【2】ワリキリでセフレ募集中の女が意外と多い(簡単にヤレる)

【3】スマホだけのやり取りで簡単(手間がかからない)

【4】無料ポイントを上手く使えばタダ(お金がかからない)

 

…それでは、それぞれ詳しく説明していこう。

 

ノウハウを使えば誰でも出会える(簡単に出会える)

ノウハウを使えば誰でも出会える(簡単に出会える)

ナンパ・合コンというのは、最低でもコミュニケーション能力がないと成功するのは難しい。
 

しかし「出会い系」というのは、いわば「メッセージのやり取り」である。
 

つまり、出会い系において特にコミュ力は必要ない
のだ。

 

ある程度のノウハウさえ分かっていれば、出会い系では誰でも簡単に女子と仲良くなることができる。
 

ここに「モテる・モテない」はほぼ関係ない。

 

もちろん、実際に会うまでの流れもテンプレのようなものがあるので、それを使えば簡単だ。

 

セフレ募集中の女が意外と多い(簡単にヤレる)

セフレ募集中の女が意外と多い(簡単にヤレる)

出会い系の一番緒メリットとして「女側も出会いを求めて登録・利用している」ということが挙げられる。
 

つまり、相手も出会いたい欲求が強いため、簡単に出会えて、簡単にセックスまで行きやすいのだ。

 

中には、「セフレを作る方法」の1つとして出会い系を利用している女もいる。
 

その理由として、「女側としては「身近でセフレを作りたくない」という場合が多いので、出会い系を利用している事が多いのだ。

 

このように、ヘタにナンパや合コンなどでセフレを探すよりも、出会い系を利用したほうが話が早いのである。

 

⇒管理人が一番セックスできた出会い系はココ

 

スマホだけのやり取りで簡単(手間がかからない)

スマホだけのやり取りで手軽で簡単に出会うことができる

出会い系を使うメリットとして「簡単で手間がかからない」という面も挙げられる。
 

例えば、合コンやナンパとなると、実際に出向いたり準備をしなければいけないだろう。

 

しかし出会い系の場合、通勤中や休み時間、ちょっとした時間に毎日取り組むことができるのだ。
 

「単純に考えて「数」が多くなるため、セフレができる確率も必然的に上がる。

 

無料ポイントを上手く使えばタダ(お金がかからない)

無料ポイントでセフレに出会うことも可能

「セフレは欲しいが、できる限りお金をかけたくない」という人は多いだろう。
 

仮に合コンやクラブなどでナンパをするとなると、基本的に男側のおごりとなるため結構出費は多い。

 

しかし、出会い系サイトであれば、多くの場合「無料ポイント」というものがもらえる。
 

これを上手く使えば、タダで出会うことができ、セフレにすることも可能なのだ。

 

実際に管理人である私は、出会い系を上手く使い、無料で出会ってセックスしまくっている。

 
 

…以上が、出会い系でセフレを作る方法のメリットだ。
 

セフレを作る方法には「合コン」や「ナンパ」など様々な方法があるが、

初心者やコミュ力・容姿にそこまで自信がないという場合、出会い系でセフレを作るのが一番簡単だ。

 

 

ただ、出会い系にもデメリットはいくつかある。
 

ここからは、出会い系でセフレを作る方法のデメリットも紹介していこう。

 

出会い系のデメリットは?

出会い系のデメリット

出会い系のデメリットは、

「間違った出会い系サイトを使うと、絶対出会えないし、トラブルになる場合もある」

…ということだ。

 

しかし安心してほしい。
 

後述する内容をよく読めば、簡単に回避することは可能だ。
 

それでは詳しい解説と、解決策をご紹介していこう。

 

出会い系には「出会えない系」がある

出会い系には「出会えない系」がある

出会い系サイトというのは大きく分けて、

【1】ちゃんと出会える「優良サイト」

【2】絶対に出会えない「出会えない系サイト」

…の2つがある。

 

後者はいわゆる「悪徳出会い系サイト」だ。
 

ここを選んで使ってしまうと、絶対に出会えないので注意が必要だ。

 

ちなみに、出会い系サイトは「悪徳業者しかない」というイメージが強いが、「ちゃんと出会える優良業者」も確実に存在する。
 

実際に管理人の私がセックスしまくっているのであるから本当だ。

 

では、どうやって見分ければいいのか?
 

それに関しては下記のページを参考にしていただきたい。

 
 

ちなみに、「読むのめんどくさいから、さっさとヤレる出会い系を教えてほしい」という人には、大手の出会い系サイト「ハッピーメール」がオススメだ。
 

実際に、私がメインで使っているのはハッピーメールであり、一番セックスできている。

 

また、上記のページ内に書いてある基準をすべてクリアしているので、まず間違いないだろう。
 

登録に関してはもちろん「無料」であり、あとから請求が来るということは一切ないので安心してくれ。

↓ ↓ ↓ ↓

 
 

怪しいサイトを選ぶとトラブルのもとに

悪徳出会い系サイトの例

最近よく見かけるのが「エロ画像満載の出会い系サイト」の広告だ。
 

上記のような写真のサイトを一度は見たことがないだろうか?

 

残念だが、こういった出会い系サイトに下心丸出しで登録すれば、様々なトラブルが起きかねない。
 

例えば、「架空請求が来る」「サクラに振り回され、やたら課金させられる」といったものだ。

 

冷静に考えてみてほしいのだが、「エロ画像満載の出会い系サイト」に女の人が登録するだろうか?
 

そんな怪しい出会い系に登録する女はまずいないだろう。

 

つまりサクラしかいないってことだ。
 

そして、男の下心をくすぐり登録させ、課金させたり架空請求するのが目的なのである。

 

このように、明らかにエロ画像満載の出会い系サイトは、絶対に利用するのは止めよう。
 

「ちゃんとセフレと出会える出会い系」の見分け方・選び方!」のページにも書いてあるが、大手の出会い系サイトを使うのが無難だと思う。

↓ ↓ ↓ ↓

 

…このように、出会い系サイトにも多少はデメリットはあげられる。
 

しかし、上記の注意点をよく読めば、騙されることはまずないだろう。

 

出会い系でセフレを探す方法は?

出会い系でセフレを探す方法

色々と説明してきたが、

もしアナタがとにかく簡単にセフレを作りたいのであれば、

まずは出会い系サイトを利用するのが一番効率が良いと思う。
 

では、出会い系を使ってどうやってセフレを探せばいいのか?
 

それについては下記の2ページを参考にしてほしい。
 

 

 

上記のページには「出会い系内でセフレを見つけ、出会ってセックスするためのノウハウ」が書いてある。
 

ちなみに、ハッピーメールを使うことを前提に書いてあるので、その点は注意してくれ。

 

何度も言うが、簡単にセフレを作りたいのであれば、「出会い系」を使うのが一番オススメだ。
 

そして、私の経験から言うとハッピーメールのような大手を使うのが、安心で安全である。
 

登録は基本的に無料なので、まずは実践してみてほしい。

↓ ↓ ↓ ↓

 
 

「ナンパ」でセフレを作る方法

ナンパしてセフレを作る方法

2つ目のセフレを作る方法は「ストリートナンパ」をしてセフレを作る方法だ。
 

「ナンパ」と聞くと「ちょっとできなそう」と思ってしまう人も多いかもしれない。

 

だが、とりあえずメリットとデメリット理解し、攻略法を読んで挑戦してみるのがオススメだ。
 

ちなみに、管理人も結構ナンパはしていたが、出会い系でセフレを作ったほうが正直、ラクだ。
 

ナンパのメリット

ナンパのメリット

まず、ナンパのメリットは下記の3つだ

【1】お金をかけないでできる

【2】自分の好みの女を選べる

【3】場所を選ばず、いつでもできる

 

…それでは詳しく見ていこう。

 

【1】お金をかけないでできる

まず、路上でナンパするのは基本的にお金は一切かからない。
 

そのため、仮にお金を持っていなくても、声をかけてセフレになりやすそうな女の子を探すことが可能だ。

 

なので、「お金をかけないでセフレを作る方法」としては1番ではないだろうか?

 

ただし、忘れてはいけないのが「ナンパに成功した後、即ホテルでセックス」というのは、プロのナンパ師でもかなり難しい。
 

つまり、ナンパ成功後にどこか行くため、ご飯代がかかってしまうだろう。
 

もちろん、ナンパするのだから相手分も奢るのが当然といえるだろう。

 

このように、合コンや相席居酒屋などの場合「場所代」がとられてしまうが、ストリートナンパであれば、お金はほとんどかからないというメリットがある。

 

【2】自分の好みの女の子をナンパできる

ナンパでセフレを探す方法で、最大のメリットは「相手の顔がすぐにわかり、かつ選べる」というところだろう。
 

出会い系などであれば、写メ(プロフィール画像)で判断するしかないが、ナンパは自分がヤリたい女を選べるのである。

 

最初から外見がわかった上で声を掛けることができるので、理想的な女と出会うことができる。
 

もちろん「セフレになりやすそうな女」も、慣れてくれば見るだけで分かるようになるだろう。

 

【3】場所を選ばず、いつでもできる

ナンパは、場所や時間を問わずに、いつでもすることができる点もメリットだ。

 

たとえば、仕事帰りに駅前でナンパすることもできるし、居酒屋・カフェなどの飲食店でもナンパは可能だ。
 

熟練のナンパ師レベルになれば、本屋などでもナンパができる。

 

自分がしたいなと思った時にできるので、自分の都合でセフレを探せるのはかなりのメリットだ。
 

駅や繁華街で「めちゃくちゃヤリたい女」にすれ違った場合でも、上手く行けばその日にセックスまで行くことも可能である。

 

ナンパのデメリット

ナンパのデメリット

ナンパでセフレを作る方法には、おいしいメリットが色々ある。

だが、デメリットが結構あるので要注意だ。
 

ナンパの主なデメリットは下記の4点である。

【1】相手が出会い求めていない場合が多い

【2】メンタルが弱いと続かない

【3】かなりのトーク力が必要

【4】スカウトなどとトラブる可能性も

 

それでは詳しく解説していこう。

 

【1】ナンパした相手が出会い求めていない場合が多い

自分は路上でセフレを探そうと思っていても、声を掛けられる相手(女側)が「出会いを必要としている」とは限らない。
 

むしろ、多くの場合で出会いを求めていないだろう。

 

その結果、大体がシカトされてしまい、ナンパは非常に成功しにくいのだ。
 

一般的なナンパの確立として「100人声掛けして、2~3人やれれば上出来」といった感じだ。
 

なので、ある程度は数を打つ必要があることを覚えておこう。

 

【2】メンタルが弱いと続かない

上記で「路上ナンパは数が必要」といったが、女に声掛けされて無視されたり、暴言を受けることは日常茶飯事だ。
 

そして、それに耐えるには、ある程度メンタルが強くなければ難しい。
 

ストナンしてシカトされたくらいで凹んでいては、ナンパでセフレを作ることはおろか、女からLINEすら聞けないだろう。

 

確かに、ナンパは「女の顔・体型を選べる」「お金がかからない」と言ったメリットはある。
 

だが、メンタルを鍛えない限り、成功するのは難しいと言えよう。

 

【3】かなりのトーク力が必要

路上にいる女子は、基本的には「出会いを求めてはいない」という場合が多い。
 

そんな「出会いに対してテンションが低い女」を、その気にさせるためには、正直「かなりのトーク力」が必要だ。

 

ただ声を掛けてナンパするだけでは、ほとんどの女にシカトされるだろう。
 

そのため、ある程度の話術や必勝パターンを持っていないと、路上ナンパで成功することは難しいといえる。

 

路上で声をかけしてセフレを作っている猛者も多いが、多くの場合、口が上手かったり、話を盛り上げるのが上手い。
 

ただ、練習すれば誰でも「ある程度はナンパ話術テクニック」を身につけることは、十分に可能だ。

 

【4】スカウトやキャッチに因縁をつけられることも

ナンパをしている際に、意外と揉めやすいのが「スカウトやキャッチとのトラブル」だ。
 

多くの場合、スカウトやキャッチには「自分のシマ」と呼ばれるテリトリーがある。

 

要するに、「彼らがキャバ嬢・風俗嬢候補を発掘する仕事領域」だ。
 

そして、知らないでそこでナンパをしてしまっていると、スカウト・キャッチ側からすれば「シマを荒らされた」ということになってしまうのだ。

 

なので、路上でむやみに素人がナンパしていると、「ケツモチの怖いお兄さんに因縁を付けられる」ということも普通に起こりえる。

 

しかし、残念なことに「どこがスカウト・キャッチの領域なのか?」ということについては、正直、スカウト側でなければ明確な基準は分からない。
 

なので、できるだけ「夜の繁華街付近」などは止めたほうがいいかもしれない。

 

⇒出会い系で簡単にセフレを作る方法はコチラ

 

ナンパの攻略法は?

ナンパの攻略法

では、ナンパでセフレを作るための攻略法はどうすればいいのか?

 

まず、ナンパをする上で覚えておいてほしいことが1つある。
 

色々とナンパにはテクニックがあるが、ナンパで重要なのは「とにかく数を打つこと」だ。

 

これに関しては、あらゆるナンパ師が同じことを言うだろうし、管理人の私も実際にそれを強く感じた。

 

とにかく心折れずに女に声掛けしまくるのである。
 

100回以上声掛けすると、だんだんと「シカトされたも何も感じない鋼のメンタル」が次第に身に付いてくる。

 

ナンパでセフレを作るには、まずこのスタートラインに立つことが何よりも重要だ。

 

テクニック的な攻略法としては、

・メンヘラっぽい女を狙うとセックスしやすい

・声掛けは「笑い」で入ったほうがオススメ

・歩くのが遅い女を狙う

・クツが汚い女を狙う

 

…とりあえず、この4点を意識してやってみてくれ。

 

まず、メンヘラはあらゆるジャンルの中で一番セックスの難易度が低い。
 

そして、セフレになる確率も格段に高い。

 

また、メンヘラは「かまってほしい」「注目を浴びたい」という意識が強いため、ナンパで声掛けしても高確率でシカトされない。

 

なので、「とにかくセックスしたい」」「セフレが欲しい」というのであれば、メンヘラっぽい女をターゲットにするのが良いだろう。

 

見た目としては、ゴスロリっぽい恰好をしている女は、高確率でメンヘラだ。

 

次に「声掛け」に関してだが、なるべく「笑い」から入ることをオススメする。
 

例えば、「すいません、僕の飼っているワニが逃げちゃったんですけど、知りません?」…みたいな感じだ。

 

「こんなので笑うのかよ汗」と思うかもしれないが、意外にも一定層の「ノリの良い女」は笑って反応してくれることが多い。

 

この「一定層」というのが重要なのだ。
 

要するに、「こんなバカな声掛けでも反応してくれる女のみを相手にしろ」ということだ。

 

この声掛けで反応してくれる女は、ノリがいいので大抵の場合、連絡先を教えてくれたり、そのままメシに付き合ってくれたりする。

 

やみくもに「今ヒマですか?」「どこ行くの?」と声掛けするよりも反応がいいし、「イケる女」をあぶりだしやすいのだ。

 

また、笑いが起こると心理学的にも仲良くなりやすいので、効率的に考えても「笑い」から入るのがオススメである。

 

ちなみに、「歩いているのが遅い女」というのは、「ヒマしている」ということなので、声掛けが成功しやすい。

 

また、「クツが汚い女」は統計的に「下半身が緩い」というデータがある。

 

足元をキレイにできない人間は、「めんどくさがり屋」「だらしない」という科学的な傾向があり、「押しに弱い」という特徴があるので、ナンパするなら狙うべきだ。

 

このように、ナンパでセフレを作るためには、まずは「徹底的に数をこなすこと」が重要だ。
 

そして、狙いやすい女に対して「笑い」から入る声掛けをすると、成功率がグンっと上がるので、ぜひ試してみてほいしい。

 
 

…以上、ナンパでセフレを作る方法のメリット・デメリット・攻略法をまとめて紹介してみた。
 

これを読んで「けっこう自分に向いてそう!」と思ったなら、まずは実践してみると良いだろう。

 

ただ、正直「ナンパでセフレを作る方法」は、初心者には全くお勧めできない。
 

トークやコミュニケーションの技術・ウデが必要だし、出会い系を使ってセフレを探したほうが、明らかに楽だと思う。

 

⇒出会い系で簡単にセフレを作る方法はコチラ

 

「相席屋・街コン」でセフレを作る

相席屋・街コンでセフレを作る方法

ひと昔前から流行っている「街コン」と、最近、話題になっている「相席屋」。
 

この2つが、3つ目のセフレを作る方法だ。

 

大まかに説明すれば「街コン・相席屋で女と知り合い、そしてその後にSEX、セフレに持っていく方法」だ。

 

ちなみに「相席屋や街コンを知らない!」という人も中にはいるだろう。
 

そこで、まずはそれぞれのメリット・デメリットを紹介していこう。
 

相席屋のメリット

相席屋のメリット

まずは、相席屋(相席居酒屋)のメリットについてだ。

 

下記の2つが挙げられる。

【1】今、人気があるので女子が多い

【2】可愛い子が多い

 

…それぞれ詳しく説明していこう。

 

まず、相席屋というのは「女子が0円で利用できる」という場合が多く、女子はタダでご飯が食べれて酒が飲める。
 

しかも、「出会いがあるかもしれない」ということで、女子共にかなり人気の高いスポットだ。

 

その結果、かなり可愛い女も普通にいる。
 

年代に関しても、女子大生~アラサーまで幅広く対応している。
 

なので、相席屋は「非常に出会いやすい、出会いの場」といえるだろ。

 

このように、相席屋のメリットとしては「出会いの場としては今一番アツイ」し、「可愛い子も多い」ということが挙げられる。

 

相席屋のデメリット

相席屋のメリット・デメリット

では、相席屋(相席居酒屋)のデメリットは何か?

 

それは、下記の4点だ。

【1】ごはん目的の女が大半

【2】トーク力が必要

【3】女子を選ぶことはできない

【4】とにかく金がかかる

 

まず、相席屋(相席居酒屋)に来る女の大半は、「タダ飯」が目的である。
 

つまり、出会いを求めていない「メシ目(めし目的)」のクソ女が非常に多い。

 

そりゃあ、タダでご飯が食べれて酒も飲めるんだから、行くよね…って話だ。
 

しかし、出会いを求めていない女にいくらアプローチしても、なかなかセックスまでは行きにくいだろう。

 

そうなってくると「トーク力」がある程度ないと、相席屋でセフレを作るのは難しくなってくるのだ。
 

「話を盛り上げ、セックスまで持っていけるトークスキル」がなければ、厳しい戦いになるだろう。

 

そして最大のデメリットとして、残念ながら相席屋では「こちら側が女を選ぶこと」はできない。
 

相席屋はシステム上、店員が勝手に女を連れてくる。

 

女側は、店員に案内された席に着席しないといけないので、お互い自由に選ぶことはできないのだ。
 

そのため、非常にブスな女を引いてしまうことも残念ながらある。

 

しかも「女と男の数」が一緒ということもなく、「女3人に対して男5人」とか、数が合わない相席の時も多々ある。

 

また、相席屋では基本的には男が金を払うため、出費としてはけっこう大きくなる。
 

相席屋の相場としては「30分1,500円」ぐらいのところが多い。

 

だが、30分で帰ることはほぼないので「1時間で3,000円」「2時間いれば6,000円」と、けっこう大きな出費だ。
 

仮に6000円払って、誰とも連絡先を交換できなければ最悪だ。

 

このように、相席屋は可愛い子も多く、出会いやすい面もあるが、デメリットも多くあるのだ。

 

街コンのメリット

街コンのメリット

続いては、街コンのメリットをご紹介していこう。
 

大まかに分けるとこんな感じだ。
 

【1】地域開催なので、家が近い子が多い

【2】地域・地元ネタで盛り上がりやすい

 

まず、街コンというのはその地域のデカい都市(街)で開催されやすい。
 

つまり、その地域の男女が集まりやすいということだ。

 

なので、必然的にアナタの住んでいる近くの女が集まりやすくなる。
 

家が近ければ、その後に会いやすいし、自宅飲みからのセックスもしやすいだろう。

 

また、地元が近いということもあり、出身校や地元の話で会話が弾みやすく、仲良くなりやすい。
 

このように、街コンはナンパなどに比べ、比較的近場の女が調達でき、かつ共通の話題も豊富というメリットがある。

 

街コンのデメリット

街コンのデメリット

では、「街コンのデメリットは?」というと、
 

【1】参加女子が少ないことがある

【2】参加費が高い

【3】やはりトーク力が必要

【4】真剣交際を求めている女が多いのでセフレを作りにくい

 

…といった点が挙げられる。

 

これは管理人の私が実際に街コンに行った時の経験だが、「男15人に対して女2人」という最悪な状況があった。
 

もちろん、その時によって違うとは思うが、「実際に女が異常に少ない」ということもよくあるのだ。

 

そして、そんな状況でも男性側は高い参加費を支払わなければならない。
 

街コンも基本的には男性の邦画参加費が高く、開催場所によって異なるが、5000~8000円ほどが相場だ。
 

平均6500円と考えても、女子とほとんど話せないのに6500円払わなければいけないこともある。

 

ちなみに、街コンでも結局は「コミュニケーションの能力」が重要となる。
 

ましてや、男性のほうが人数が多いのであれば、やはりライバルよりも話を盛り上げ、女に気に入られなくてはならない。

 

そして覚えておきたいのが、「街コンは比較的、真剣交際を求めている女」が多いことだ。
 

私が実際に何度か参加した時に感じたものだが、街コンはけっこう「堅い女」が多い印象だ。
 

つまり、セックスすることは腕次第で可能だが、なかなかセフレに持っていきにくい傾向がある。

 

このように、街コンにもセフレを作るうえで色々とデメリットは多い。

 

街コン・相席屋の攻略法は?

街コン・相席屋の攻略法は?

では、どうやって街コン・相席屋でセフレを作るまでに持っていけばいいのか?
 

ポイントとしては、まずは街コン・相席屋で仲良くなり「必ず2軒目に連れ出すこと」だ。

 

残念ながら、相当な手練れでなければ、街コン会場や相席屋からホテルに直行するのは難しい。
 

また、「街コン・相席屋で連絡先を交換し、後日に会う」となると、バックレられる可能性もある。

 

なので、確実に2軒目まで連れていき、ある程度酔わせてから上手い具合にその日のうちにセックスでまで持っていけると理想的だ。

 

仮に、出会った当日にヤレる女は、多くの場合セフレまでもっていきやすい。
 

「出会った当日にセックス」するぐらいだから、股のほうも緩いというワケだ。

 

ちなみに相席屋の場合、できれば「VIP席」を利用したほうが成功率は高い。
 

相席屋には、クラブのように「普通の席」と「VIP席」が用意されており、「VIP席」のほうが「はるかに女ウケが良い」のだ。

 

また、「VIP席」のほうが店員が優先的に女子を連れてきてくれるから、かなり有利である。

 

ただ、相席屋のVIP席は、基本的に「通常の席の倍近くの値段」がかかる。
 

しかし、トータルの成功率で考えると、通常席で長い間いるよりも、2軒目連れ出しの成功率は高い。

 

そして、料金的にも「VIP席で短時間で良い女を2軒目に連れて行く」ほうが、トータルで見る安いことも多々ある。

 

街コンに関しては、残念ながらVIP席などは存在せず、席順は正直「運次第」だ。
 

なので、もし近くに女がいない場合は、周りを気にせずハイエナのように積極的に席移動し、女に話しかけることが大切だ。

 

このように、街コン・相席屋では必ず2軒目に連れていき、即日セックスを目指そう。
 

そして、相席屋ではできればVIP席を利用し、街コンでは積極的に席移動することだ。

 

⇒出会い系で簡単にセフレを作る方法はコチラ

 

「合コン」でセフレを作る方法

合コンでセフレを作る方法

4つ目のセフレを作る方法は「合コン」だ。

では、どうやって合コンでセフレを作ればいいのか?
 

合コンでセフレを作るメリット・デメリット、そして攻略方法を詳しく解説していこう。
 

合コンのメリット

合コンのメリット

まず知っておきたいのが合コンのメリットだ。

それは下記の2点があげられる。
 

【1】知り合い経由なので共通の話題も多く盛り上がりやすい

【2】酒を飲ませやすい。

 

合コンというのは、基本的に「友達の紹介」によって集められるものだ。
 

そのため、最初から共通の話題が多く、初対面でも盛り上がりやすい。
 

したがって仲良くなりやすいのだ。

 

また、男性側のチームワークが大切だが、酒を飲ませやすいというメリットもある。
 

例えば、男性側が「酒を飲まなければいけない雰囲気」を作ってしまえば、女性陣も従わざる負えない状況にしやすいのだ。

 

上手く王様ゲーム(仕組んでおく必要あり)などに持っていき、

「酒を口移しで飲ませる」「今まで経験したエロい話を言わせる」という感じに持っていければ、

比較的、お待ち帰りしやすく、セックスまで行きやすい。

 

合コンのデメリット

合コンのデメリット

では、合コンでセフレを作るうえでの「デメリット」は何なのか?

それは下記の5点だ。
 

【1】女側で結託されるとセックスまで行きにくい

【2】狙った女を落としにくい

【3】人間関係的にセフレにしにくい

【4】男性側は払う金額が多い

【5】「イケメン」や「話が上手いヤツ」がいるのと不利

 

まず、女という生き物は合コンの際に、やたら「仲間をお持ち帰りさせないようにしてくる性質」がある。
 

友達が知らない男にお持ち帰りされるのを嫌う傾向が強く、合コンなどでは結託してお互いを守り合う場合が多い。

 

そのため、上手くそれぞれを孤立させなければ、お持ち帰りまでもっていくことが難しいのだ。

 

次に、合コンは「自分が狙った女」をピンポイントで落としにくい。
 

ガツガツ行き過ぎれば周りから嫌われるし、狙った女と他の男が仲良くなっていれば、途中から奪いにくいだろう。

 

そのため、合コンでは「好みの1人」を落とすことは、なかなか難しい傾向にある。

 

また、合コンは「友達の友達」などが呼ばれる確率が高く、「友達の友達」という共通点の中のコンパである。
 

したがって、都合よくセフレにしようものなら、あっという間に噂が広まる。

 

女側からディスられるのはまだしも、正義感の強い男からも「クズ扱い」される可能性もあるのだ。
 

そうなれば、次の合コンには2度と呼ばれないだろう。

 

そして、合コンは「謎の暗黙のルール」によって、男性側が多くお金を支払わなければいけないことが多い。
 

1次会ならまだしも、2次会・3次会・カラオケまで奢らされることもある。

 

そうなると、1次会だけでも男子1人当たり5000円~1万円はかかるだろうし、

三次会+カラオケともなれば、トータルで3万ぐらい支払うハメになることもある。

 

最後に、合コンというのは結局のところ「競争」であることは間違いない。
 

つまり、参加している男がみんな親しい知り合い・友人であっても、合コンの間は全員が敵である。

 

そして、イケメンであればチヤホヤされやすいし、話が上手いヤツがいれば、場の流れを持っていかれてしまうだろう。
 

顔やトーク力は人それぞれだが、どうしても「1対1で女を落とす場合」に比べ、コチラ側でコントロールしにくいのだ。

 

このように、合コンでセフレを作る場合のデメリットは、意外と多い。

 

合コンの攻略法は?

合コンの攻略法

では、合コンでセフレを作るためにはどうすればいいのか?
 

ここでは、以下の3点を覚えていただきたい。
 

【1】男性陣が必ず結託する

【2】男性メンバー内でルールを決める

【3】「こちらが仕組んだ王様ゲーム」をする

 

まず重要なのが、「男性陣のメンバー集め」だ。
 

できれば、「セフレが欲しい」「セフレを作りたい」といった不純な動機を持った同志を集めるのが好ましい。

 

そもそも、恋愛にマジメな誠実男子を呼んでしまうと、こっちはセックスできればいいぐらいの思考なので、トラブルが起きやすい。
 

なので、同じ目的を持った同志とともに合コンに臨むのがオススメだ。

 

そして次に、「全員が結託すること」が重要である。
 

要するに1人が勝手に暴走しないように、あらかじめルールを決める」ということ「だ。

 

例えば、女が来たら「どの女とヤリたいか?」の暗号を決めておき、すぐさま「一人一人が狙う女」を全員で共有する。

 

そして、「狙いの女以外は、話を盛り上げない」といった感じにすれば、個々の成功率は上がるし、モメることもないだろう。

 

このとき、個人プレーをしがちなヤツは、あらかじめ「やらない」と約束させるか、そもそも呼ばないようにしよう。

 

そして特に重要なのが、事前に「王様ゲームまでもっていく流れ」を決めておき、全員がそれに向かって合コンの流れを操作するようにすることだ。
 

なぜ王様ゲームを推奨するかというと、王様ゲームは「エロい話」や「スキンシップ」に持っていきやすからだ。

 

そして、この王様ゲームは「あらかじめ仕組んでおくこと」が、とてつもなく重要である。
 

ただ、やみくもに王様ゲームをやっても、ほぼ意味がない。

 

「仕組む内容」の例としては、飲み物のコースターなどに王様ゲームの番号を振り、それを各自に割り当てる。
 

この時に、男性陣は「通しのサイン」を決めておき、仕組んでおくのだ。

 

例えば、『番号が「2」であれば、「王様だーれだ?」という号令がかかる前に、指を2本出しておく』といった感じだ。
 

これにより、確実に王様をこちら側が行い、かつ男女で「男女でハグ」「男女でお酒を口移し」などを行わせるのだ。

 

ちなみに、最初からイキナリ飛ばし過ぎると警戒される。
 

なので、最初のほうは「握手する」「乾杯して酒を飲み干す」などで慣らしておいて、段々とエスカレートさせよう。

 

また、ある程度「お酒を飲ました状態」にしてから王様ゲームをしたほうが、ノリが良くなっているので成功しやすい。

 

こんな感じで、男性陣が全員結託し、「仕組まれた合コン」を行えば、セックスもしやすい。
 

また、仮にその合コンにいた女をセフレにした場合でも、周りからディスられる心配はない。

 

ただ、合コン仲間を集めたり、女を集めたりするのは、なかなか骨が折れる。
 

なので、簡単に手間なくセフレを作りたいのであれば、出会い系サイトで探したほうがオススメだ。

 

⇒出会い系で簡単にセフレを作る方法はコチラ

 

「クラブ」でセフレを作る方法

クラブでセフレを作る方法

最後の5つ目のセフレを作る方法は、「クラブでナンパ」だ。

 

クラブでナンパしてセフレにするを作るメリットやデメリット、

そして攻略法をココでは詳しく説明していこう。
 

クラブのメリット

クラブのメリット

まず、クラブでセフレを探す場合、どんなメリットがあるのか?
 

それは下記の2点が代表的だ。
 

【1】軽い女が多く、ヤレる確率が高め

【2】お酒が入るのでセックスしやすい

 

クラブというのは、簡単にヤレる女が非常に多い。
 

もちろん100%というワケではないが、その確率は合コン・街コン・相席屋に比べて高いといえるだろう。

 

昔、管理人がクラブで出会った女が、「全くしゃべらなかったけど、最後まで一緒にいたから、クラブ帰りにセックスしたことがある」と言っていたぐらいだ。

 

セフレを作るためには、まずはセックスしなければならないので、この点は非常に有利といえるだろう。

 

また、クラブではほぼ必ず酒を飲む。
 

アルコールが入り、爆音でクラブミュージックがかかっていると、女は開放的になりやすい。

 

なので、気が合えば結構簡単に仲良くなれるし、セックスもできる。
 

そして、「そのあとズルズルとセフレになってしまう」ということも多々あるのだ。

 

このように、クラブという場所は女が開放的になりやすく、セックスまでのハードルが非常に低くなっている。

 

クラブのデメリット

クラブのデメリット

では、クラブでセフレを探す上でのデメリットは何か?
 

それは下記の5つが主に挙げられる。
 

【1】「顔」が結構重要視される

【2】クラブ慣れしてないと何もできない

【3】女にドリンクを奢るので金がかかる

【4】ライバルが多い

【5】1回ヤッたら連絡が取れなくなることが多い

 

まず、クラブという場所は爆音で音楽が流れている。
 

つまり、フロアに行くと声がほとんど聞こえず、会話が成り立ちにくい。

 

そのため、女が男を気に入る基準は「顔・服装・ノリ」の3点しかないといっても過言ではない。
 

つまり、あまりにも不細工だったり、服装がダサかったり、ノリ(振る舞い)が微妙だと、女から相手にされないのだ。
 

なので、ある程度は顔やファッションに自信がないと、クラブでナンパするのは難しいかもしれない。

 

また、「クラブ」というのは独特の雰囲気があり、やはりクラブ慣れしてないと何もできない場合が多い。
 

管理人も、初めてクラブに行った際には「ここで話しかけていいのか?」「ノリ方、踊り方がよくわからん」と、かなり戸惑った経験がある。

 

女に話しかければ男連れだったり、間違えてVIP席に入ってしまいスタッフに注意を受けたりと、初めは散々だった。
 

そして、残念ながら「クラブ慣れしている男」のほうが、あまり顔が良くなくてもクラブでは女にモテる。

 

このように、ある程度クラブ慣れしていないと思い通りに進めにくく、女からすれば「段取りが悪い=いっしょ緒にいたくない」という風に思われてしまうのだ。

 

ちなみに、クラブで女に話しかける(ナンパする)ときは、基本的には「一杯おごるから話そうよ」というスタンスで行かなくてはいけない。
 

これば、クラブナンパの暗黙の了解でもあり、女からしてみれば「おごりもしねーのに話かけんなよ」と思っているバカタレも少なくはない。

 

余談だが、クラブのドリンクは一杯7~800円ぐらいが相場であり、10杯おごれば8000円前後は金がかかってしまう。
 

プラスで入場料が4~5000円ぐらいかかるのも忘れてはいけない。

 

そして、クラブでナンパというのは、とにかくライバルが多い。
 

男の95%は「クラブはナンパする場所」だと思って来る。

 

つまり、ナンパする際に競合が非常に多く、もし仮に女の人数が少なければ、クラブ内で競争が巻き起こるのは必至である。

 

最後に、セフレを作る上で一番問題なのは、「クラブでヤッた女は、その後、音信不通になることが多い」ということだ。

 

クラブは軽い女が多いぶん、セックスしたあとも繋がっている女というのは、数少ないことが多い。
 

「クラブでのワンナイトラブは割り切る」という考え方の女が、非常に多いからだ。

 

セックスしたあとも定期的に連絡を取り、セックスし続けるのが「セフレ」だ。
 

我々の当初の目的からズレてしまうということになる。

 

このように、クラブでのナンパはセックスしやすいが、セフレを作るうえでは色々とデメリットは多いのだ。

 

クラブの攻略法

クラブの攻略法

では、クラブでセフレを作るには、どうやって攻略すればいいのか?

 

まず、上記でも述べたが「クラブ慣れしている男」のほうが、クラブでは間違いなくモテる。
 

なので、実際に女に声掛けした後は「このクラブの常連感」を装おうのだ。

 

例えば、女に「ここ結構来るの?」と聞かれたら、「週4ぐらいで来るよ」ぐらいのことをウソでも言っておこう。
 

「常連なので、余裕がある」と女側に感じ避ければ、かなり対応が変わってくるはずだ。

 

その後は、紳士的に「おごるから、一緒に飲もう」と、あまり音がうるさくないフロアに連れ出そう。
 

ちなみに、上記で述べた「余裕のある常連感」が出ていないと、酒をおごったら逃げられることが多いので要注意だ。

 

それが成功すれば、あとはその女を「褒める」「笑わす」の繰り返しをしていけば、親密になれるハズだ。
 

わざとらしい感じで褒めると嘘だと思われるので、「その服、めっちゃカワイイね」とか自然な感じで褒めること。

 

ある程度仲良くなってきたら、「2人で抜けない?」と言って、外に連れ出せばOK。
 

この際に、「友達と来てる」と言われることが多いが、「友達、さっき誰かと外行ったよ笑」と適当な冗談ですり抜けよう。

 

無事、外に出られたら、まず手をつないでみること。
 

その際に、特に抵抗されず手を握れたら「クラブで疲れたからちょっと休みたい」みたいなことを言って、ラブホにまで行けばOK。
 

「手をつないでも問題ないか?」ということがテストになるので、ぜひ試してみてくれ。

 

ただ、仮にクラブでナンパした女とセックスできても、ワンナイトラブで音信普通になってしまうこともある。
 

これではセフレにならない。

 

なので、セックスした後は最低限、連絡先(LINEなど)は聞いておくようにしよう。
 

とりあえず連絡先さえ判れば、何とか繋ぎ止めてセフレにすることも可能だからだ。

 

簡単だが、クラブナンパでのセフレを作る攻略法の一例を紹介してみた。
 

ただ、正直なところ初心者にはクラブナンパでセフレを作るのは向いていない。

 

できれば、一番簡単にセフレを作れる出会い系サイトなどで経験を積み、その後、興味があれば試してみるという形がオススメだ。

 

⇒出会い系で簡単にセフレを作る方法はコチラ

 

セフレとしてキープするための方法は?

セフレとしてキープするための方法は?

上記の5つのセフレを作る方法で、実際にセックスできたとする。
 

では、そのあとセフレとしてキープするためにはどうすればよいのか?

 

ここでは、SEX後に「セフレとして定期的にセックスするためのポイント」を説明していこう。

 

相手の感情を盛り上げすぎない

相手の感情を盛り上げすぎない

「セフレ」というのは、あくまでも「セックスをするのみ」のパートナーだ。

 

だが、セフレ側の感情を盛り上げすぎてしまうと、

最初のうちはセフレとして割り切っていてくれたのに、

「付き合いたい」「付き合えないならセフレの関係を辞めたい」とか言い出してしまう。

 

なので、できる限りセフレ対象の女に「好き好きアピール」は、しないことが重要だ。
 

また、「デート」などの「恋人気分」を味あわせる行為は、極力避けるようにしよう。

 

なるべく、ご飯を食べたらすぐにホテルに行くか、どちらかの自宅に行き、セックスするようにしよう。

 

ちなみに、セフレだからと言って、あまりにも長時間連絡しないのは、セフレとしての関係が長続きしないことがある。

 

2ヶ月近く連絡しなかったりすると、相手の熱が冷めてしまっていることもあり得るし、相手に新しいセフレができてしまうこともある。

 

なので、できれば週1ぐらいのペースで連絡は取るようにしたほうが、私の経験上、お勧めだ。

 

このように、セフレとして上手くキープしたいのであれば、非常に加減が難しいが「友達以上、恋人未満」の接し方を徹底して行うようにしよう。

 

「付き合う」と明確に言わないこと

「付き合う」と明確に言わないこと

仮に、「付き合う、付き合わない」の話をされたとしても、はっきりと「イエス」とは言わないこと。
 

「ちょっと真剣に考えたいんだよね」みたいなことを「真剣な感じ」で言って、話をはぐらかそう。

 

これを明確に宣言してしまうと、付き合うハメになってしまう。
 

ポイントとしては、「だんだんとその話ができないような雰囲気」を作ることだ。

 

ちなみに毎回、この手の話をうやむやにしていると、だんだんと相手も「聞けないような感じ」になってくる。
 

なので、とりあえず「マジメな感じで、話をはぐらかす」というのをやってみてくれ。

 

ちなみに、「付き合っている」ことを一応認めて「夜以外はその女とは一切会わない」…という方法もある。
 

ただ、この方法でセフレを作ると、途中で女のほうが「ケジメをつけたい」と言って去ってしまうことも多い。

 

できれば、「うまい具合にはぐらかして、ズルズルとセフレの関係を続けさせる」というのがベストである。
 

セフレとしてキープしたい女がいたら、ぜひ試してみてほしい。

 

セフレとして続きやすい条件は?

セフレとして続きやすい条件は?

上記の2点をちゃんと心得ていたとしても、下記の条件が満たされていない場合、セフレとして長続きしにくい場合がある。

 

もちろん、「100%セフレとしてキープできない」というワケではない。
 

だが、セフレをキープしやすくなると思うので、ぜひとも知っておいてほしい。

 

お互いにとって都合のいい関係

お互いにとって都合のいい関係

「セフレの付き合い」というのは、お互いの意思関係が合致していないと、なかなか長続きしない。
 

できる限り「互いに都合がいい関係」ということ明確にし、暗黙の了承を得るのがベストだ。

 

なので、いつまでも「付き合うこと」をはぐらかしていると、なかなかセフレの関係は長続きしにくい。
 

「そろそろ限界かな」と感じたら、キッパリと「セフレの関係がいい」と伝えるか、「付き合うことにして夜以外は会わない」というのがオススメだ。

 

ちなみに、女子は「セフレ」という単語を聞くと拒否反応を示す場合が多い。
 

なので、「明確に付き合うって決めると色々と大変だけど、会いたいときに会える関係がいいよね」みたいな感じで言うのがオススメだ。

 

体の相性が合う

体の相性が合う

いくら相手の女が「セフレでOK」といっていたとしても、「体の相性が合わない」となれば、なかなかセフレの関係は続きにくい。
 

もちろん、女側に言われてしまった場合でも同じだ。

 

「口が臭い」「体臭がクサい」「自分の求めているプレイをできない」「顔がどうしても気になる」「アソコが臭い」…など、様々な理由が挙げられるだろう。

 

ちなみに、「体の相性が悪いな」と感じたら、早めに切るのがオススメだ。
 

そういう女とは長く続けても体の相性が良くなることは稀だし、会うのもどんどんダルくなる。
 

「時間のムダだった」という経験が多いので、早めに切って他のセフレを探したほうがオススメだと思う。

 

家が近い

家が近い

「会うのに、電車や車で2時間ぐらいかかる」といった場合、なかなかセフレの関係を続けるのは難しいかもしれない。

 

「都合のいい時に会えてセックスできる関係」がセフレのメリットなので、あまりにも家が遠いと、だんだんとフェードアウトしてしまうケースが多い。

 

相手の女側も、相当カラダの相性が良いか、相当アナタにホレていない限り、気軽に行き来できない距離だと結構アッサリと連絡が取れなくなったりする。

 

なので、適度な近さのセフレを探し、会いたい時に会ってセックスできるよう心がけよう。

 

空いている時間が合う

空いている時間が合う

「働いている時間や起きている時間が、あまりにも違う」という場合に関しても、セフレの関係は続きにくい。
 

朝型と夜型の生活スタイルでは会う時間が限られるし、お互い好き同士で付き合ってでもない限り、関係を続けるのは難しいだろう。

 

なるべく「空いている時間会えて、生活スタイルの合う女」を探しアプローチしたほうが、セフレにしたときに長続きしやすいのだ。

 
 
セフレとしての関係をキープするためのポイント

このように、セフレとしての関係をキープするには、上記のようなポイントが大切だ。

 

セックスはできても、セフレとしての関係が長続きしなければ、このサイトの目標である「セフレを作る」が達成できない。
 

ぜひとも参考にしてみてくれ。

 

ちなみに、上記の内容はもちろん大切だが、やはり「セフレになりやすい女子」というのは心理的な特徴がある。
 

下記のページも参考にしてみると、セフレを作るときに楽だと思うので、ぜひとも読んでおいてほしい。
 

⇒セフレになりやすい女の特長!その心理とは?

 

⇒出会い系で簡単にセフレを作る方法はコチラ